ニュース
2016.03.20
平成28年の金沢競馬開幕のごあいさつ

 冬の休催期間を終え、本日、平成28年の金沢競馬の初日を迎えることができました。

 昨年は、多くの騎手が金沢競馬の内外で活躍を見せ、我々に興奮と感動を与えてくれました。なかでも、デビュー2年目の中島龍也騎手は、日本プロスポーツ大賞新人賞及びNARグリンプリ優秀新人騎手賞を受賞しました。今年も金沢競馬を盛り上げてくれることと期待しております。ぜひ、皆様の暖かいご声援をよろしくお願いします。

 本年の金沢競馬も、本場開催は日曜日と火曜日を基本に開催し、開催日数は、昨年より3日間増やし、年間81日間の開催を予定しております。ファンの皆様に楽しんでいただけるようJRAや他場との交流競走、多頭数が出走する白熱したレースの提供など金沢競馬の魅力向上に努めてまいります。また、昨年同様に、JRAの全ての平地重賞競走も発売することとしております。

 引き続き、ファンの皆様に愛され、楽しんでいただける金沢競馬を目指し、関係者が一丸となって取り組んでまいります。

 ファンの皆様には、変わらぬご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。

平成28年3月20日
石川県競馬事業局長 山本 次作


ニュース一覧へ △